パストラル

町田、相模原、多摩ニュータウン、港北ニュータウン、横浜青葉区・緑区、川崎麻生区、湘南エリアの路線バス情報を掲載

トップ > 消費税増税に伴う、路線バス運賃改定(引き上げ)に関して > 川崎均一運賃地区

このページを
シェアする

川崎均一運賃地区
稲城市の一部(坂浜、駒沢学園、平尾)も川崎均一運賃を適用
(現行)現金:210円、IC:206円(改定後)現金:210円、IC:210円
※現金運賃は変更なし、IC運賃のみ引き上げ。
定期券運賃は事業者ごとに異なりますので、公式サイトでご確認ください。(改定後の運賃が掲載されていない事業者もあります)

▼当サイト掲載エリアのバス事業者公式サイト(川崎地区運行事業者のみ抜粋)
川崎市営バス | 東急バス | 小田急バス | 京王バス | 横浜市営バス | 神奈中

※その他の地区の運賃改定に関しては、下記から地域を選択してご覧ください。

◆横浜均一運賃地区
横浜市内で現行 現金:220円均一、IC:216円均一の地区
※横浜市の西部(戸塚区、泉区、瀬谷区)、南部(金沢区、栄区、磯子区南部)は「対距離運賃地区」

◆対距離運賃地区(東京多摩、神奈川県央・湘南、横浜西部・南部)
※東京都町田市、八王子市、多摩市、稲城市等の多摩地区
横浜市西部(戸塚区、泉区、瀬谷区)、横浜市南部(金沢区、栄区、磯子区南部)
※相模原市、座間市、大和市、海老名市、綾瀬市、厚木市、伊勢原市、秦野市等の県央内陸部
※鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、二宮町等の湘南沿岸部

◆対距離運賃地区(小田原、大井、松田)
※小田原市、大井町、松田町等の神奈川県西部


∧∧ ページトップへ ∧∧